2012年5月10日

起きてほしくない時に起きるはなし。

失敗や事故とは起きてほしくない時に起きるもの?
昨夜、卒展直前の最後の焼きの前に、窯のエレメントが切れてしまいました。夜に修理のお願いをできる先もアドバイスを問い合わせる先もなく、薬がけした作品全部大学に持って行ける状態でもなく、しかも展示会準備は来週頭。普段から落ち着きのない(?)私は、もうパニクった訳で。あれこれネットで調べて(こちら)なんとかとりあえずの修理をし、焼きに入りました。上手く行きますように。大好きなバニラスライスを食して気を取り戻している過程の私です。xま

4 件のコメント:

  1. ハプニングは時と場所を選んでくれないですよね・・・。
    でもそれに対処でき、よかったですね。

    ピンチはチャンスと言うように
    「転んでもいいけど、転んだらただでは起きあがらない。
    どんな事からでも、必ず何か学ぶ事がある。」
    と私は思ってます。
    「わらしべ長者理論」と勝手に名付けて。(^-^)

    返信削除
    返信
    1. 本当、七転び八起きの私は、どちらかというと転ぶ事の方が多く、いつも学ぶ事ばかりです。

      削除
  2. ハラハラドキドキ、まきさんの人生はドラマチックですね。
    でも、まきさんなら必ず乗り越えるって信じられます。
    これからもまきさんの人生を応援しています(*^_^*)

    返信削除
    返信
    1. sonokoさんいつもメッセージありがとうございます。ドラマチックといわれるとなんかもっと頑張れそうです。(笑)

      削除

皆さんからのコメントには大感謝です。xま