2012年11月26日

年末お年玉プレゼント!

お陰様でブログ shin shin も早いもので3年。今年は大学卒業と同時に、仕事も忙しくなり順調にスタートを切ることができました。皆さんの応援のお陰です。今日はそのお礼として、shin shin 年末恒例お年玉プレゼント(Giveaway)のお知らせです。今回は抽選で3名の方に!
お年玉プレゼント1:「まぜこぜ」ポストカード4枚セット。

お年玉プレゼント2:磁器の「 POTCANFLY」ブロ―チ

お年玉プレゼント3:磁器のクリスマスデコレーション

それぞれクリスマスカードと一緒にお届けします。ご希望の方は、下記のコメント欄にお名前とメッセージを書いて下さい。(全て抽選になりますので、アイテムは選べません。ご了解下さい。)

更に!抽選に当たる確立を増やすこともできますよー。

1、只今開催中の募金活動 HELP JAPAN スペシャルの商品を既にご注文された方、あるいは今ご注文いただくと、自動的に抽選1回となります。 
2、フェイスブックのページを「like」していただけると、さらにもう1回。
3、ツイッターをフォローしていただけると、さらにもう1回。
4、ピンタレストにフォローしていただけると、さらにもう1回。

最高5回のくじ引きチャンスです。ソーシャルネットワークのお名前が違う方は、コメント欄に記して下さいね。他のサイトにリンクすると、イベントの情報や新作の過程なども見ることができますよ。

お年玉プレゼントの受付は、12月4日火曜日、イギリス時間23時までとなります。当選者の発表は翌日5日水曜日にブログにてお知らせします。みなさん、ぜひ、応募して下さいね。xま

2012年11月20日

クリスマスクラフトフェアー


今年最後のイベントのお知らせです。今週土曜日24日に、クラフトフェアーに参加してきます。(実は私の職場です。)セラミックやプリントはもちろん、クリスマスの飾りも沢山用意しています。バーゲンをお探しの方の為にもストックセールもやります。

また、現在開催中のHELP JAPAN スペシャルも受け付けてますので、ディスカウントした「鳥」または「希望の光」と同時に、クリスマスギフト当選のダブルチャンスです。こちらはオンラインでも受け付けていますので、ご注文はお早めに。在庫が少なくなって来ましたので、お見逃しなく。 xま

2012年11月12日

HELP JAPAN スペシャル!

早いもので年末も近くなって来ましたね。今年は皆さんにとってどんな年だったかしら?不景気の中、どなたも大変だったと思われますが、それでも、家族が元気で、暖かいお家があって、食事ができたら、ある意味良かった一年であったのかもしれません。基本的なことを感謝できるようになるには、どん底を経験した人にしか本当は分からないかもしれません。だからこそ、ちょっと考えてみませんか?ということで、年末の特別企画です。題して、 
HELP JAPAN スペシャル!

震災以来、イギリスを拠点に、HELP JAPAN プロジェクトという募金活動をして来ました。(最近の報告はこちら)今でも「日本はもう大丈夫でしょ?」ということをちょくちょく言われます。同じ日本国内でも、東京にいると、東北の本当の姿が見えて来ません。特に海外では、ニュースも皆無になった今だからこそ、本当の姿を知ってもらう為にも、知る者が伝えるべきだと思います。南三陸町に2回ほど行って来た私の感想は、「本当にまだまだ」なんです。まだまだ支援が必要なんです。普通の生活、基本的なことも、「本当にまだまだ」のところが多いんです。そして支援の手を差し伸べるのは、あなたにもできます。ちょっとだって、沢山集まれば、大きな力になります。

HELP JAPAN スペシャルはそんなあなたにはとっておきのチャンス!今回のみ、HELP JAPANの作品を、ディスカウント·プライスにて販売致します。更に、今回ご注文いただいた方は、クリスマスプレゼントの抽選に自動的にエントリーとなります。(内容は後ほどブログします)アイテムは全て一品一品手作りで、売り上げ金の100%が募金となります。12月一杯まで受付けますが、在庫がある限りなのでご希望の方はお急ぎ下さい!既に1500羽以上飛んだ「HELP JAPAN鳥」は残り100羽を切りました。60個限定の磁器の「希望の光」キャンドルフォルダーは、あと10個のみです。この企画は、今回が最後なので、お見逃しなく!

もう既にご協力いただいた方、どうもありがとうございました。いろんな方に知ってもらいたいので、 ご自由に、ツイッター、フェイスブック等で、お知らせしていただけると光栄です。 HELP JAPANプロジェクトを知らなかった方、あるいは前回注文しそびれたという方、ぜひご注文下さい。お子さんやお友達へのクリスマスプレゼントとしてどうですか?
鳥は1羽4ポンドだったところが、スペシャルでは2羽で5ポンド!
「希望の光」は1個30ポンドが、スペシャルで25ポンド!
お値段
「HELP JAPAN鳥」は、1ペア(2羽)5ポンドです。ペアごとの販売のみとなります。
「希望の光」キャンドルフォルダーは、一個25ポンドになります。
売上金の100%が募金になります。これに、郵送手数料が追加となります。また、「HELP JAPAN鳥」と「希望の光」を同時にご注文の方には、合計手数料を更に10%割引させていただきます。手数料は以下の通りです。(クリックすると拡大表示できます)
募金について
集まった募金は、南三陸町に送らせていただきます。年始の送金を予定しております。

お支払い方法
ペイパルにて取り扱っています。ご注文を頂き次第、Eメールにてペイパルのお支払い請求書を送らせていただきますの。ペイパルでは、ネット上、早くて安全なお支払いができます。 ペイパルの口座をお持ちでない方は、無料で簡単に作ることもできますし、クレジットカードでのお支払いも可能です。

発送について
商品の発送は、お支払いを確認次第、ロイヤルメールにて行います。海外への郵送は営業日10~15日間くらいの見込みとなりますので、ご了承下さい。また、12月のご注文は、クリスマスの影響で郵便が遅くなる場合がありますので、早めのご注文をお勧めします。

ご注文方法
Eメールにて、件名に「HELP JAPAN」とご記入の上、下記の内容を送って下さい。
  1. ご注文の商品の名前と個数
  2. お名前
  3. ご住所と郵便番号
  4. (オプションのみ)追加の募金を希望の方は、金額をイギリスポンドにてご記入下さい。
(画面が変わらない場合は、makikohastings@gmail.com 宛にEメールを下さい。)

ご協力よろしくお願いします。xま

2012年11月11日

アートマーケット


イベントのお知らせです。17日(土)18日(日)、Rural Arts ギャラリーにて Christmas Art Market が行われます。全シリーズのセラミック作品と一緒に、限定版のオリジナルプリントも沢山用意してます。クリスマスのお買い物のスタートにいかがですか?詳細はこちら。xま

2012年11月9日

トランスフオーメーション


展示会のオープニングに行って来ました。こうやって、ヘレン·チャドウィックさんの作品(最初の写真)をマジかで見るのは、かなり不思議な気分。卒論で散々調べては、共感、感心しながら、書いた彼女の作品。今も生きていたら、どんな作品を作ってることでしょう?

チャドウィックさんの作品を始め、数人のアーティストによる「トランスフオーメーション」展は、The New School House Gallery にて12月22日まで行われています。xま

2012年11月7日

Made with Love 展


お知らせです。クリスマスの展示会が Studio Elevenさんにて、10日土曜日より始まります。沢山の素敵なアーティストさん達の作品と一緒に、私の「まぜこぜ」と「蓮」が登場します。お近くの方はぜひどうぞ。展示会は1月20日まで開催ですが、Studio Elevenさんは金曜日、土曜日、日曜日のみのオープンとなりますので、お気をつけ下さい。xま

数が少ないので、ご希望の方はお早めに。

2012年11月5日

指ばらばらでもばら。


週末、予定通り抜糸はしたものの、思ったより治ってくれていない人差し指。というのも、スパッと切れたような傷口でなく、ぐちゃっとつぶれたトマトのような状態なので(ちなみにこれは抜糸してくれた看護婦さんの表現)、きれいにくっついてくれないそうです。土や水を使う仕事柄、もう一週間は休むよう言われ、結局また休暇を延長させていただいています。なんとも申し訳ない気分なので、休暇をできるだけ生かさなければと思い、溜まった家事を始め、「時間がある時に」と保留していたやりたいことなどに取り組むのですが…、包帯のせいでちゃんとはまらないマリーゴールドを片手に食器洗いしたり、家族旅行のビデオの編集や庭の手入れ、ティーポットカバーを縫ったりと、片手での作業。はっきり言って、効果的でない始末。

それでも、今朝はいいことがありました。車の運転を控えている今、家事の用足しは歩いて町の小さなお店を一軒一軒回るのですが、その途中で、バラの花畑で切り取りしている町役場の担当者を見かけました。冬に向けての準備ですが、まだ半咲きのバラも一杯。聞いてみると、全部ゴミになってしまうそう。ああ、もったいないと嘆く私、思わずもう一つ質問してみました。答えは上の写真の通り。お礼に町のパン屋さんで買ったジンジャークッキーを差し上げました。お互い笑顔の朝でした。xま

2012年11月2日

石川博子さんがいらっしゃいました!

PASHのオーナー2人と石川さんご夫妻
そうなんです。あのファーマーズテーブルのオーナー、石川博子さんが、ヨークシャーにいらっしゃいました!!

ご存知の方も多いと思いますが、ファーマーズテーブルといえば、今はなき、表参道の同潤会アパートが始まりでしたよね。それはもう25年以上も前、当時の私は中学生でした。今でこそ、いわゆる「雑貨屋さん」「作家もの」「ビンテージもの」などを売るお店なんて日本中どこでもありますが、それこそセンスのいいスタイルをもつ博子さんは、当時から先駆け的存在で、まさに憧れの方でした。そして、現在の恵比寿店は、情報も物も溢れる時代の中、流行などに左右されることなく素直に選ばれた博子さんの「素敵」が、今も変わらず一杯詰まったとても心地いい場所。

ご縁というのは不思議でありがたいもの。そもそもきっかけは、今年の夏に帰国した際、恵比寿のお店に立ち寄った時、博子さんとちょっとお話できたこと。イギリスに買い付けに来るということで、なんとなくお誘いしたところ、なんと、ご主人の石川源さんと滞在先のロンドンから日帰りで来てくださいました。ご同行のロンドン在住の竹沢英章さん、祐子さんご夫妻は、博子さんのお店のビジネスパートナーでもあるそうで、祐子さんの掘り出し物を見極める知識や経験が豊富で、それこそ見ているだけで勉強になりました。この日の私は案内人。ブログでも以前紹介したPASHを始め、ヨークにあるお勧めのお店を数件ご紹介して回ったのですが、皆さん楽しそうに品選びし、車一杯買い付けされていかれたので、こんな遠くまでお呼びして良かったとこっちも安心しました(笑)。そんなアイテム達が、どんな風にお店に並ぶのか、それもまた楽しみですねえ。
PASHでディスプレイを楽しむ石川さんご夫妻
クリスマスっぽくなったPASHのディスプレイも素敵
倉庫の品を品定めする博子さん
途中ランチに入った地元のカフェもGOOD
私この引き出しに一目惚れ
私も大好きな「バナナウェアハウス」にて
遠い中、みなさん、本当にありがとうございました。お陰様で、楽しく素敵な思い出となりました。ヨークシャーも捨てがたいって思っていただけたら嬉しいです(笑)。xま